リストカットと私

数日前から、リストカットをしています。

リストカットが習慣化したのは高校3年生の春。

学校に行けなくなり、苦しさ、怒り、焦り、そんなものをすべて自分に向け、自分を責めて自分を傷つけていた頃。

 

ここ1年くらいは落ち着いていたのですが、また慢性化しつつあります。

 

でも今は自分を責めるためというより、快楽のためにやっている部分が大きい。

真っ赤な血を見ると癒されるし、少しズキズキした痛みも心地よい。左手首が傷ついているのをみると落ち着くんです。

 

リストカットがわたしのアイデンティティになりつつあるのかな。

なんか嫌な気もするし、悪くない気もするし、でもやっぱ間違ってるんだよな。